恩納村の観光情報動画サイトGo to ONNA:恩納村観光協会

【GOTO 恩納村】ホテルやランチ、観光情報、マリンスポーツのプランが動画で勢揃い 【GOTO 恩納村】ホテルやランチ、観光情報、マリンスポーツのプランが動画で勢揃い

about onna village

The beauty of Onna village

恩納村は沖縄本島の西海岸中央部に位置し、那覇空港から車で約50分、美ら海水族館から約1時間と交通面でも便利な立地にあり、本村南部には青の洞窟で有名な真栄田岬、中央部には県内屈指の景勝地万座毛があり、これらを含む海岸全域が沖縄海岸国定公園に属する、海岸沿いを走る国道58号線に沿ってリゾートホテルが林立する日本屈指のリゾート地である。

The glam of Onna village

透き通る海が広がる絶景スポット 万座毛

万座毛

沖縄本島のほぼ中央に位置し、隆起サンゴの断崖から臨む東シナ海は、海中のロケーションと共に海の色合いを変化させ、とてもキレイで雄大な景色が広がります。『万座毛』の由来は、「万人も座する草原」。『毛』とは野原のこと。隆起サンゴのどだいの上には、天然の芝が広がり、その周りの植物群落は、県の天然記念物に指定されています。

青の洞窟で知られる国内有数のマリンスポット 真栄田岬

真栄田岬

サトウキビ畑に囲まれたスローな風景を眺めドライブを楽しみながら岬に入り、散策路を歩いて行くと、大きな岩山が目印の、映画やCM でも使われている丸秘スポットに到着。水平線に落ちる夕日がバッチリ見えムード満点です。恩納村に来られた際には是非この最高のサンセットをご覧下さい。

綺麗な海、夕日をご覧いただけます。 アカティーダバンタ

アカティーダバンタ

アカティーダバンタは国道58号線を北上して、みゆきハマバルリゾートを越えると左手に休憩所が現われます。アカティーダバンタとは、アカ(赤い)、ティーダ(太陽)、バンタ(崖)を意味し「夕日の丘」になります。

恩納村を代表する民謡曲『谷茶前節』を聞きながら… 谷茶前の浜公園

谷茶前の浜公園

恩納村を代表する沖縄民謡「谷茶前節」で知られる「谷茶前の浜」周辺を恩納村の文化の発信に寄与する観光地として、28年度に完成しました。

公園内には駐車場や石碑があり、地元に口伝えで伝わってきた「谷茶前節」がその場で聞けます。

広大な敷地でキャンプや様々な体験ができる。 沖縄県 県民の森

沖縄県 県民の森

恩納村北部安富祖区にある「県民の森」は1986年に誕生した、181haの広大な敷地を有する沖縄県県民の森には、野外宿泊ができるキャンプを始め、老若男女が楽しめる多目的広場(グラウンド・ゴルフ場)やパークゴルフ場、山登りや川のせせらぎに触れ合える自然散策、子供達の冒険ができるターザンロープ、ながーい滑り台、自転車乗り場等が設置されています。また、森林の仕組みや役割が学べる森林科学館や森林学習展示館が設置されています。
※キャンプ用具の貸し出しは行っていないので事前準備が必要になります。

JAXAの施設を無料見学出来ます。 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) 沖縄宇宙通信所

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) 沖縄宇宙通信所

宇宙開発について学べる展示室があり、ご自由に見学いただけます。展示室には、人工衛星やロケットの模型が展示されており、宇宙について楽しく学べる宇宙情報ルームやビデオルームもあります。施設内にある大きなパラボラアンテナも見どころです。
※臨時休館になる事もありますので事前にHPでご確認下さい。

世界レベルの科学技術研究を行う施設を見学。 沖縄科学技術大学院大学(OIST)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は世界レベルの科学技術の研究を行う大学院大学です。教員と学生、そして研究員の半数以上が外国人であり、教育と研究は全て英語で行う国際的な大学でもあります。OISTでは物理、化学、生物学、脳の研究等の先進的な研究が進められています。自由見学やガイド付のキャンパスツアー(要予約)も開催しておりますので、ぜひお立ち寄り下さい。

地元の方と交流をしながら体験を楽しもう 恩納村ふれあい体験学習センター

恩納村ふれあい体験学習センター

島人(しまんちゅ)から教わる沖縄体験。
沖縄の伝統文化を楽しもう!

沖縄の綺麗な海を感じながら、ゆっくりとした時間の中で様々な沖縄体験が出来ます。

島人とのふれあいから沖縄の魅力を再発見。アンマー(お母さん)直伝のソーキ汁、ゴーヤーチャンプルーなどの「ウチナー料理」や、初心者の方でもすぐに弾ける「サンシン体験」など沖縄の文化と出会える楽しい体験が盛りだくさん。思い出の一コマを彩る素敵な時間が過ごせます。

モットーは「誇りの持てる商品作り」 恩納村水産物販売センター

恩納村水産物販売センター

恩納村漁協は「誇りの持てる商品作り」を目標に新鮮で良質・安全な海産物を提供出来るように日々、努力いたしております。

海ぶどう・モズク・アーサの養殖生産を県内でいち早く確立させた海藻養殖の元祖であります。また、環境保全にも取り組んでおり、恩納村の豊かな海と、そこに住むサンゴを育む活動も行っております。これからも、恩納村の綺麗な海で育った自慢の海産物をご堪能下さい。

三星ライオンズ(韓国)のキャンプ地としても有名 恩納村赤間総合運動公園

恩納村赤間総合運動公園

赤間総合運動公園内には、野球場、赤間運動場(全天候型400Mトラック、人工芝サッカーピッチ)、サブグラウンド、サッカー場(天然芝)、屋内運動場、トレーニングジムがあり、様々なスポーツやレクレーションに対応できる施設となっております。また、公園内には、健康器具やウォーキングロードが備わっており、気軽に運動できるほか、休憩所の東屋からは東シナ海を一望でき、体も心もリフレッシュ出来る運動公園となっています。

恩納村の歴史・文化が見学出来ます。 恩納村博物館

恩納村博物館

恩納村独自の歴史や文化、生活の様子を伝える博物館は、民俗展示「恩納のくらし」、映像シアター「神々が護る村」、歴史展示「恩納のみち」の3つのゾーンに分かれています。民俗展示では、海と山に囲まれた恩納村の人々の暮らしを、生活道具や映像、模型などを使って紹介し、歴史展示では、歴史資料を用い現代から過去にさかのぼり、恩納村の歴史を紹介しています。美しい海が広がる展示ホールでは、イス・テーブルを設置していますのでご休憩にもご利用出来ます。

観光フロアで旅の情報収拾をしてみては! 恩納村文化情報センター

恩納村文化情報センター

あなたの旅を満足させる情報にきっと出会える!

1階観光フロアでは、旬なイベント、スポットなど観光に役立つ情報を発信します。2階図書情報コーナーは、一般書から絵本、郷土図書までを幅広く揃え、海を見渡せるリーディングカウンターで、贅沢な図書を楽しめます。一面ガラス張りの3階展望室は、コバルトブルーに輝く海を一望できる絶好の癒しスポットです。駐車スペースにはEV高速充電器も揃えられていますので、やんばるへの観光の合間にぜひお立ち寄り下さい。

一般公開も年に一度行っています。 国立研究開発法人 情報通信研究機構 沖縄電磁波技術センター

国立研究開発法人 情報通信研究機構 沖縄電磁波技術センター

国立研究開発法人 情報通信研究機構電磁波計測研究所沖縄電磁波技術センターは、景勝地「万座毛」のすぐ近くに位置する電磁波技術研究の活動拠点で、電波や光を使ったセンサーの研究・開発を行っています。

併設の展示室は、最新の地球環境観測技術や亜熱帯沖縄の魅力が紹介され、当センターの先端的な研究拠点、学術拠点としての活動の姿をご覧いただけます。

一般公開:年に1度、11月に実施しています。

アダンのトンネルを抜けると… アポガマ

アポガマ

万座毛の近く、シュノーケルスポットとしても有名
(海岸での散策は十分にご注意ください)

村指定文化財 ウドゥイガマ

ウドゥイガマ

恩納村指定文化財に指定されている文化財、ガマの中の階段は大変滑りやすくなておりますご注意ください。
※文化財は共有の財産です、見学の際は十分にご注意ください。

恩納村唯一の蔵元が使用した清水 カマラガー

カマラガー

恩納村唯一の蔵元恩納酒造は酒造の近くにある嘉真良井(カマラガー)の清水を使ったと言われている、透明度の高い井戸です。

昔利用した共同井戸 カンジャガー

カンジャガー

カンジャ(鍛冶屋)の近くにあったガー(共同井戸)をカンジャガーと言います、人々が大切に使ってきた水場です。

その昔山賊が出たと言われた!! フェーレー岩

フェーレー岩

その昔フェーレー(山賊)が出没したと言われ、当時行きかう人々に恐れられていた場所。フェーレーが岩の上から婦人の持つ荷をひっかき棒で持ち上げ奪ったという伝説が残る。

沖縄を代表する女流歌人恩納ナビーの歌碑 恩納ナビーの歌碑

恩納ナビーの歌碑

万座毛の駐車場入り口の右側に建つ歌碑には、恩納ナビーの代表的な歌が刻まれている。

沖縄を代表する女流歌人ここで産声をあげた 恩納ナビー誕生屋敷跡

恩納ナビー誕生屋敷跡

恩納ナビー誕生屋敷跡、恩納ナビーの誕生がいつ頃なのかは定かではないが、残した歌から琉球王府尚貞王代の1700年代(18世紀の初め頃)に生まれたと思われる。屋敷跡に『恩納ナビーの誕生の碑』が立っている。

恩納ナビーの心情がこもった歌 恩納松下の歌碑

恩納松下の歌碑

18世紀初頭活躍したといわれる女流歌人恩納ナビー。その代表作一つが恩納松下の歌碑である。
説明板もあります。

恩納村指定文化財に指定されています。 恩納村指定文化財 唐人墓の墓碑

恩納村指定文化財 唐人墓の墓碑

1824年に中国福建省の商船が難破し、乗組員32名中6名が漂流して仲泊の浜に流れ着いた。墓碑には、亡くなった漂流者の5名の名が刻まれている。

現在の役所 恩納番所跡

恩納番所跡

恩納番所跡(番所とは現在の役所)その跡地になります。番所跡をペリー一行が恩納間切の番所を訪れスケッチをしています。

国指定史跡に2008年登録 国指定史跡 山田城跡

国指定史跡 山田城跡

琉球史上の三山統一期に重要な役割を担った護佐丸が幼少時代を過ごしたグスク。14世紀から15世紀初めの中国産陶磁器や古銭、武具、遊具などが出土。護佐丸が座喜味城を築城する際に山田グスクの石積みの石を手渡しで運んだという伝説が残る。2008年に県内32ヵ所目の国指定史跡となる。

ヒヌカンとは 根神火神 神アシャギ

根神火神 神アシャギ

神アシャギとは神を招き、祭事を行なう場所のこと。建物の有無とは関係ないものであるが、そこに建てられた祭祀用の建物も「神アシャギ」と呼ばれるようになった。

石畳が琉球王朝時代にタイムスリップさせてくれます 山田谷川(ヤーガー)の石矼

山田谷川(ヤーガー)の石矼

山田グスク北側崖下に残る趣のある宿道(古道)に架けられた石矼。琉球石灰岩の野面積みの桁部分に中央部がせり上がったアーチ形式の独特な石矼。

沖縄のお墓は亀の甲羅のような形をしています。 七つ墓

七つ墓

沖縄のお墓は独特な形から亀甲墓と呼ばれています。沖縄では清明祭の時に一族が揃ってお墓まいりをします。

昔の道しるべ 真栄田の一里塚

真栄田の一里塚

多幸山山中を通る古道沿いに造られた人工の土塚。琉球王府時代に一里ごとに設置され、旅人の道程の目安とされた貴重な交通遺跡。

恩納村では真栄田と仲泊のみです。 仲泊の一里塚

仲泊の一里塚

琉球王府 時代の主要道(宿道)には一里(約4km)ごとに塚が設置され、行き交う人々の目安とされました。仲泊の一里塚は自然の丘を利用した塚です。

かつて恩納村には五箇所に一里塚がありましたが、現存しているのは仲泊と真栄田だけです。また、県内でも一里区間を示す二箇所の一里塚が残っているのは唯一恩納村だけであり、貴重な文化財となっています。

明治末期まで利用されていました 比屋根板石畳道

比屋根板石畳道

琉球王府時代に整備され、明治末期まで利用された石畳道。長年、人々に利用されたこの道からは歴史の風格が感じられる。

Access to Onna Village

西海岸に面したホテルやビーチが点在する沖縄本島屈指のリゾートエリアです。
国道58号線をのんびりとウエストコーストの風景を眺めながら北上するのも楽しい。

空港からは恩納村に向けて路線バスが運行している。その他複数の路線バスも運行しているので、県内各地からスムーズにアクセスすることが可能です。 (via: 恩納村HP)

沖縄本島のほぼ中央に
位置する恩納村

  • 美ら海水族館から約1時間
  • 北谷町から約30分
  • 那覇空港から約50分

MODEL COURSE

モデルコース

恩納村はテーマパーク!
沖縄屈指の絶景観光スポットやマリンアクティビティ、美味しいグルメにリゾートウェディングも。

恩納村はわくわくできるコンテンツで溢れています。

恩納村をまるごと楽しめる
モデルコースをご用意しました!

FOCUS

恩納の旬

受け継がれる“琉球泡盛”

September

2021.09

受け継がれる“琉球泡盛”

BACK NUMBER